2010年08月08日

舩後流短歌

菅(かん)の花 咲かず散るのが運命(さだめ)也 税花(ぜいか)とともに国史に眠れ

メモ:税花(ぜいか)とは、私がこの歌の為だけに創りました造語です。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
花々の一花目にとむ花柳界戯れ跳ねて観念の舞
Posted by 風流 丸 at 2010年08月26日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。