2006年03月26日

スイスへ(時計フェア編)/2000/3

※時計フェア=バーゼルフェア、世界最大規模の時計・宝飾品の展示会。
※私は当時、酒田時計貿易鰍ニ言う会社に勤めておりました。

麻痺各所 息も絶え絶えスイスへと 「見納めだな」と無意識に言う

世界からバイヤー集う時計フェア 命捨てても行く我がメッカ

時計フェア 麻痺のふらつきジェスチャーに見せてさえする商談楽し

「千葉語か?」と言われるプアな我が英語 ろれつ回らずもはや宇宙語

時計フェア 麻痺の身押して商いを 生きた証しを遺すが如く


posted by YF at 17:37 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。