2010年06月16日

舩後流短歌

雲の端(は)にチョコンと座る女(ひと)がいる 誰ときいても手を振るだけで

メモ:久々のメルヘンシリーズでした。女をひとと読ませるなんて、私のとんでもないでっち上げです。どうかお許し下さい。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
来い来いと呼んでも来ぬが恋だとは教わりもせず
二十歳に知った

恋文をもらうがイヤだ好きでないなんでこんなに複雑なんだ

奪ったぞこの人こそと夫婦なり尻に敷かれて四十年だ
Posted by 風流 丸 at 2010年06月26日 14:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。