2010年06月13日

舩後流短歌

勘の顔 笑みの裏には怒髪天 嗚呼(ああ)!どうなると頭(こうべ)を振るも

メモ:菅総理の顔は、あくまでも私には勘に触るという事で、使ってみました。怒髪天とは、あまりにも激しい怒りのために逆立った頭髪が天をつく、という意味です。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
代議士を三十年も続けても資産は無いが清らか証拠

情報の泥棒せずに三十年これが普通だ誰にも出来ぬ

核酸も汚沢の馬鹿も情報を盗んで金に変えてきた÷(わる)

解らぬに癇癪でるは人の性それじゃ同じだ元の木阿弥



Posted by 風流 丸 at 2010年06月26日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。