2010年03月24日

舩後流短歌

桜の花(か)散るはいつかと尋ねても 黙し黙して静かにゆらぐ

メモ:梅・桜シリーズです。ゆらぐ⇒動揺する。私は花にも木にも、心があると思いたいのです。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
願わくば桜散るよに慕われつあっという間に天にゆきたや
Posted by 風流 丸 at 2010年04月08日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。