2006年03月06日

胃瘻手術前夜/2002/5

“胃瘻”とは水(みず)直に胃に注ぐため胃に開けた孔 真に我が口
※水の他、栄養剤も入れます。

胃に孔を開ける前夜は 冤罪を晴らせぬ武士が腹切る気分
※つまり、納得がいかないのです。

我が口よ長き忠義に感謝ぞす 病で飯は明日は胃瘻で

胃瘻には味覚など無し 四十年舌にした味思い出し泣く


posted by YF at 13:55 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。