2010年02月28日

舩後流短歌

無風では己(おのれ)ごときは無の闇ぞ 地の根にのまれ塵のごと消えむ(ん)

メモ:“無風”とは、身の周りに波風を立てないつまり事無かれ主義の人の事です。地の根にのまれ⇒地球に(必要な水として)飲まれ


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
そうなんだ無風と逆は私です風が流れて風流○だ
恥ずかしい自画自賛などこの歳で春風受けて頭冷やそう
あなたは塵だから塵にかえる(創世記3−19)
Posted by 風流 丸 at 2010年03月01日 14:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。