2010年02月09日

舩後流短歌

九年も寝禅するにもかかわらず 心捉われうなだれたまま

メモ:寝禅シリーズです。達磨大師は、九年も座禅をした結果“何事にも捉われぬ心を得た”と言い継がれています。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
関係があるかも知れぬ悟りとは他力と自力この違いかも

自らが座り続けて九年たち手足達磨になったとしたら
Posted by 風流 丸 at 2010年02月22日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。