2009年12月10日

舩後流短歌

始発のりブルーの雨を良く見れば 目に住む君が流れ泣く朝

メモ:クリスタルシリーズです。ブルー=この場合、憂鬱と捉えて頂いても結構なのですが、それよりダイヤモンドような雨と捉えて下さった方が素敵かと思います。実際ウェブ辞書で調べてみたのですが、水も高価なダイヤに相当するという意味がありました。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
南国のブルーの風の心地良く嵐吹くとは君はしるまい
Posted by 風流 丸 at 2009年12月14日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。