2009年11月23日

舩後流短歌

奈良の県万葉の里ありければ 先祖眠る地ただただいのらむ

メモ:土・日と姉夫婦が舩後家の御先祖が眠る、奈良は柳生の里へいってまいりました。同じ血、姉の感動が私にも伝わって来ました。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
今もあり柳生街道石仏の地獄谷には仏の里が
佐保川に今も溢れる万葉の詩が溢れて流れ静かに
Posted by 風流 丸 at 2009年12月02日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。