2009年11月21日

舩後流短歌

器用かな痰にむせつつとめるとは 病院“いやいや”馬鹿者ゆえに

メモ:“いやいや”という言葉は、何でも“いやいや”と言ってジタバタ駄々をこねる幼児が主人公の、“いやいや園”という児童書から拝借しました。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
暖かな母の手の中いやいやと駄々をこねたる時が恋しき
Posted by 風流 丸 at 2009年11月27日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。