2009年08月31日

舩後流短歌

生きる道伝えることが使命だと決めしときから大空みつめ

メモ:大空見つめで、決意も新たにの気持を表した。


人生のフリカケ求めさまようもはたと気がつきわれ振り返る

メモ:『人生のフリカケ』とは?それは『生きる』を経て、自分振り返れば自ずと解かる!10/3に向け書いてるエッセイのことを詠った。


蝉殻をいのちととらえ助けるも木立にたかく鳴くはキリギリス

メモ:講演に於いて蝉の抜け殻のようになっていた人に語りかければ、知らぬ間キリギリスのように逞しくなってたと言う、実体験を詠った。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
暖かき思い広がれ大空にみんなにっこりぬくもり握手

しあわせのふりかけ味をふりかけてみんな幸せなればいいなあ

天寿なる蝉は変らじ姿あり永遠宿りただ鳴かぬだけ
Posted by 風流 丸 at 2009年10月15日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。