2009年08月09日

舩後流短歌

生きるとは本能なればそのままに 瀑布のごと荒れ巻くにまかせよ

死すときは巣立ちきたりと天見つめじっと見つめてかの地へと飛ぶ

火にやかれ目おとしてもなお歩くとは!原爆の日にしずかに思う


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
本能にふりかけふりてまろやかにお変わり自由嬉しい食事

生と死の境目なくて肉体が朽ちるだけだし舩後は不死身

知恵が生む恐怖残酷破壊魔の底なし兵器底知れぬ数
Posted by 風流 丸 at 2009年10月15日 01:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。