2009年07月29日

舩後流短歌

見えるのは里の灯火ただひとつ そこにはみなの笑顔あったな

足ぬけぬ闇からぬけぬ病みぬけぬ 底かもうすぐ震えるもうすぐ

藁帽子嵐に巻かれ消えちゃった 真夏がきたらこんどは僕も


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。