2006年02月07日

笑いでつくす

競争に勝てば仲間の妬み買う それが俺いたセールス界で
▼24才〜38才は営業、39才〜43才は企画及び宣伝を致しました。
※説明の首です。

熱あれど俺は売上製造機 休めば塵と這っても売りに
▼24才〜38才

ライバルに勝って月末有頂天 なのに勝利の酒 ひとり注ぎ
▼30才〜38才
※私は下戸です。だから正確には、酒ではなく飯です。

動く頃 阿修羅の如く働いた 幸よ舞い降れ俺にだけにと
▼24才〜43才

勝つだけが幸得る術と生きてきた 病に負ける身とは思わず
▼24才〜43才

床にふせ周りの幸を食い荒らす 不幸の種によもやなるとは
▼43才
※42才半ばでALSを発症、43才半ばまで働きました。

病床で俺が来た道考えた 何せ暇あり反省もでき
▼43才〜45才

難病で麻痺の身となり気がつけば 障害以外語るものなし
▼43才〜45才

病ゆえ死ぬまで暇を持て余す だったら人の役に立っても
▼45才

人に役立つことせんと思うまで ただ意味もなく二年も生きて
▼43才〜45才

健常時知り得た言葉なれど 俺 それやりたくて 「人につくす」を
▼45才

難病で屍のごと俺だから 「人につくす」で生きてる意味を
▼45才〜

勧められピアサポートをしてみれば 病友笑みし内心「おっ!」と
▼45才
※主治医(難病界で高名なI先生)の勧めです。

サポートし笑みでお返し貰うたび すがすがしきもの体に満ちて
▼45才〜

もし幸を掴みたいなら 人の幸 作る手助けするが何より
※説明の首です。

幸作り 手助けすれば感謝され 真意に気づく「人につくす」の
▼45才

人の幸作る手助け身に重し 身の丈あったサポート探し
▼46才

俺がするピアサポート変遷し 我が詩メールし仲間癒さん
▼46才〜47才

暴力ぞ 勇んで送る我が詩など ゴムやタワシの押し売りにも似
▼46才〜47才

やりたいは「笑う門には福来たる」 さりとて笑い詩では取れずに
▼46才〜47才

病友の苦悶和らげたくて 俺 俳句で笑いとる暴挙に出
▼46才〜47才

勧められ短歌にトライ 何とそれ頭ひねれば笑いも作れ 
▼48才
※我が師(泉鏡花文学賞受賞作家のR先生)に勧められました。

短歌読み同胞吹けば幸せぞ こんな俺でも福をはこべて
▼48才

人悩みあれども笑う時ぐらい わらべのように無心に転げ
※説明の首です。

ワッハハと笑うその間は苦悶無し ゆえ俺人を笑わせたくて
※説明の首です。

笑いある短歌綴れば難病の 俺でも人につくすこと出来
▼48才〜

皆に笑み浮かべてほしく今日もまた精一杯の短歌を綴る
▼48才〜
posted by YF at 21:28 | コメント(1) | TrackBack(1) | 短歌
この記事へのコメント
勝つだけが幸得る術と生きてきた 病に負ける身とは思わず

個人的には、この一連ではこの歌が圧倒的にしみました。
Posted by 杉山裕治 at 2006年02月10日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

舩後流短歌
Excerpt: 前回ご紹介した舩後さんのブログがオープンしました。 舩後流短歌:http://funago.seesaa.net/ これは、いわゆる福祉的な「生きがい」や趣味とかとは違って、まさに「仕事」だと思って..
Weblog: 近況・雑記
Tracked: 2006-02-11 19:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。