2009年02月22日

新舩後流短歌

カラ頭それみた空が慰めた「晴れがよいようカラでいいのじゃ」

メモ:と言う訳で脳無しの私めは、3/28湘南工科大学に於ける講演のための原稿を書くため、時には一首まとめるのに半日ならぬ一日かかる短歌は、暫らく休まさせて頂きます。我侭お許し下さい。


posted by YF at 10:31 | コメント(2) | 短歌
この記事へのコメント
知情意の何を語るや舩後節今を超越古典になるや
なぜなのか生きながらえる根源のヒューマンドラマ感動の魂
誰しもが世界で唯一個性マンヒューガニズムの歓喜の渦を
Posted by 風流 丸 at 2009年03月02日 06:28
からっぽの日々が過ぎゆき花も散り青葉眩(まばゆ)き日々の到来
新芽吹く香り豊かなこの瞬間(とき)に腹のベルトをぐっとしめやる
Posted by 風流 丸 at 2009年04月18日 01:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。