2009年01月25日

難病ALS男性を非常勤助手に/福祉器具開発へ藤沢の湘南工科大

暮らし・話題 2009/01/10  

湘南工科大学(藤沢市辻堂西海岸)が、難病の筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)と闘う男性を非常勤助手として採用している。同大は障害者向けの福祉器具の開発に取り組んでおり、実際に使う側からアドバイスを受けるのが狙いだ。難題克服へ学生らと日々研さん。ものづくりの可能性が広がっている。

 助手を務めているのは、千葉市に住むALS患者の舩後靖彦さん(51)。〜後略〜以下の記事は、次のウェブでお読み下さい。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjan0901198/


posted by YF at 11:56 | コメント(1) | 日記
この記事へのコメント
醜(しゅう)さらしなお求道の場を与え存在刺激これこそ生きる
Posted by 風流 丸 at 2009年02月01日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。