2009年01月22日

新舩後流短歌

なにごともなきひ一日あればいいきみの泣顔すてにいくから


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
平凡が最高なのだと気づくときたそがれ近く夕陽美し
我儘で勝手放題今生きて迷惑かけずこれ最高だ
若い者的に激突繰り返したくましく老い天地対面
Posted by 風流 丸 at 2009年02月01日 07:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。