2008年11月29日

舩後流短歌

白菜の葉っぱが雲の白昼夢 液が馳走の腹管見せた

メモ:腹管とは、正確には“胃瘻”のことです。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
揺らぐ部屋ゆりかごのうえ乱れ魂(だま)
        うつろいやすき郷里風景
白菜の純白の厚(あつ)味わいて
        底冷えの夢白雪に溶ける
Posted by 風流 丸 at 2008年12月07日 02:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。