2008年09月20日

舩後流短歌

「秋の夜(よ)にアロパジャ着るは無分別」沸き立つ風呂で鳥肌が言う


posted by YF at 00:00 | コメント(4) | 短歌
この記事へのコメント
守られし常夏部屋は時として
     無分別感沸き立つかもや
寒暖に向かう刺激のストレスが
     活性化への良き入り口か
守られし体制内で思いきり
     我儘出して革新武者に  
Posted by 風流 丸 at 2008年11月28日 17:42
守られし常夏部屋は時として
     無分別感沸き立つかもや
寒暖に向かう刺激のストレスが
     活性化への良き入り口か
守られし体制内で思いきり
     我儘出して革新武者に  
Posted by at 2008年11月28日 17:44
守られし常夏部屋は時として 
  無分別感沸き立つかもや  寒暖に向かう刺激のストレスが    活性化への良き入り口か
守られし体制内で思いきり    我儘出して革新武者に
Posted by at 2008年11月28日 20:07
守られし常夏部屋は時として 
  無分別感沸き立つかもや  寒暖に向かう刺激のストレスが    活性化への良き入り口か
守られし体制内で思いきり    我儘出して革新武者に
Posted by 風流 丸 at 2008年11月28日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。