2008年09月16日

舩後流短歌

チョコとける燃え立つような恋なれば甘いキスほど芳しきかな


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
かなわんな笑みがこぼれて苦笑い
          遠い昔の炎の反射
かなわんわなんだかほおが赤らんで
      甘くが白ににじむこの年
元気やな思いは自由気兼ねなく
      あれやこれやと跳ね飛びましょう
この舌によみがえるなり思い出が
      出来うるならば飛んでゆきたし
Posted by 風流 丸 at 2008年11月28日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。