2008年09月11日

舩後流短歌

秋風をとおし肌刺すうすぎぬに君かおる限りまとい離さず


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
天女から賜りし夢包まれつ
       目ざめぬままにやすらぎへいく
        
Posted by 風流 丸 at 2008年09月19日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。