2008年09月08日

舩後流短歌

夏花火あがりきえゆく花に我かさね見た野にハラハラしずく


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
音の無い夜空の花火不思議にも
       瞳を焼きて消えぬ残像
Posted by 風流 丸 at 2008年09月19日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。