2008年08月26日

舩後流短歌

寝たきりで町の散策音でして朝音(あさおと)に笑み暮音(くれおと)に嗚呼

メモ:造語シリーズ


posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌
この記事へのコメント
障害となりてこそ知る存在の
      門戸開放おのが心を
いずこにも隻手音声ちりばみて
      透きとおりたる君の心に
Posted by 風流 丸 at 2008年09月12日 18:56
これはすてきな作品ですね。
どんな「朝音」「暮音」でしょう。
子どもの頃の音風景まで、心が広がります。

こちら夕暮れに、お寺の鐘の音、聞こえます。
Posted by 寮美千子 at 2008年09月13日 05:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。