2008年08月16日

特別短歌/七月の良き日を詠う

空今や雲ひとつなく澄みあとは 夢への梯子昇りきるだけ

メモ:七月末日、『泉鏡花文学賞』受賞作家の寮美千子先生と共著致しました、『しあわせの王様』が出版されました。お力添え下さいました皆様と、未来の読者様へ捧げたく思います。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
出版おめでとう。やりましたね!
本当に出るのかしら、と気をもませてすいませんでした。
それが心配な「雲」だったんですね。

「夢への梯子昇りきるだけ」

という下の句がとてもいいですね。
すがすがしい希望に満ちていて、爽快。
Posted by 寮美千子 at 2008年08月18日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。