2008年07月05日

舩後流短歌

生きているまだ生きている鬼夜越え朝床にいた 嗚呼生きようか

メモ:造語シリーズ


posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
うっすらと夜が明けはじめ青色に
       三日月淡く命噛みしむ
ゆっくりとほんにゆっくりしらしらと
       浮かぶ風物音無く息吹く
Posted by 風流 丸 at 2008年07月06日 21:17
※造語※
炎命で焼き尽くしたし病根を
     願がわくならば一切の地の
ジイ(G)エイト首脳集いて未来考
        英知結晶曇る洞爺湖

Posted by 風流 丸 at 2008年07月10日 12:57
咲きました月下美人が咲きました
         一晩だけの開花美人だ

  昨晩の午後8時ぐらいから開き始め
  2時間かけて全開です。一夜明けたら
  力なく首を垂れてしぼんでいました。
  昨夜の力強さはどこへいってしまったの
  でしょうか。とても信じられない初体験
  でした。
   
Posted by 風流 丸 at 2008年07月20日 08:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。