2008年06月13日

舩後流短歌

紫陽花のわれがつらなる夢をみた麻痺の身なりの夢結い遊び

メモ:夢遊びシリーズ


posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
紫陽花の季節訪れ降りしきる
       思い出雨に濡れてさわやか
降りそそぐ雨に打たれて一層に
       しっとり映える紫陽花可憐
Posted by 風流 丸 at 2008年06月21日 06:36
降りしきる雨に打たれて日本海
       背に紫陽花の園が拡がる
       
Posted by 風流 丸 at 2008年06月21日 07:02
「夢結い遊び」という言葉、とてもすてきです。
すばらしい造語感覚!
Posted by 寮美千子 at 2008年06月23日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。