2011年07月26日

舩後流「俳句」

俳句:サングラス路地抜け砕き振り向かず

俳句:夕翳(かげ)り衣(ころも)見つめるむくげかな
メモ:むくげ【木槿】夏から秋にかけて、紅紫色の5弁花が朝開き、夕方にしぼむ。花言葉⇒デリケートな美。●夕方にしぼむさまを詠う。


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。