2011年07月18日

舩後流「俳句」

俳句:天仰ぐ神代(かみしろ)の花すかしゆり
メモ:すかし‐ゆり【透百=合】日本特産で、海岸に自生。初夏、黄赤色の花を上向きにつける。花言葉⇒注目を浴びる。神代⇒祭礼の時、神の憑(つ)く人。


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

舩後流短歌

絹衣(きぬごろも)まとう機すてし生きかたの綴(つづれ)つむがむみどりごに帰(き)し
メモ:綴⇒ボロ布。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。