2011年07月11日

舩後流「俳句」

俳句:ブツサウゲ散った兵士の血汐かな


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

舩後流「俳句」

俳句:ハイビスカス海見る女(ひと)の濡れ衣(ごろも)
メモ:ぶっそう‐げ【仏桑花】夏から秋、赤い大きな5弁花を開く。ハイビスカス。花言葉⇒常に新しい美。●詩因の一つ目は、「弟、妹の命が守れるなら、この命捨ててもかまわない。」という言葉を遺して南洋に散っていった、若き日本兵の事を俳句にしたかったからです。二つ目は、ご想像をば!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

舩後流「俳句」

俳句:鳳仙花玉響(たまゆら)に愛(め)で明けの鐘
メモ:ほうせん‐か【鳳仙花】夏から秋、葉のわきに花を横向きにつけ、色は赤・桃・白色や絞りなど。玉響(たまゆら)⇒つかの間、●奈良の友人が好きな花を、奈良らしく詠ってみました。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。