2011年07月03日

舩後流「俳句」

俳句:春の夢青きさざ波ルリハコベ
メモ:るり‐はこべ【瑠璃繁縷】暖地の海岸付近に自生。春、青紫色の花を開く。


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

舩後流「俳句」

俳句:桜ん坊艶々ぽっぺに風がキス
俳句:桜ん坊赤い音符のマンボかな
○友人二人の花の写真から発句。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

舩後流「俳句」

俳句:時計草懐中深く過去の恋
メモ:とけい‐そう【時‐計草】夏、直径8センチくらいの時計の文字盤に似た花を開く。花びらと萼(がく)は淡紅色か淡青色。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

舩後流「俳句」

俳句:聖紫花や島の娘の薄衣(うすぎぬ)か
メモ:せい‐しか【聖紫花】石垣島、西表島等に生える。枝は無毛で先端に数枚の葉を輪生状につける。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

舩後流「俳句」

俳句:夏の宵ブーゲンビリアの家灯り
メモ:ブーゲンビレア【(ラテン)Bougainvillea】赤紫色などの3枚の苞(ほう)をもつ小花が咲く。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。