2011年06月24日

舩後流「俳句」

俳句:恋の野かれんげつつじは滾(たぎ)りけり
メモ:れんげ‐つつじ【蓮華躑躅】落葉低木。高原に群生。4、5月ごろ葉とともに、朱色の漏斗状の花が咲く。花言葉⇒情熱。
●山の斜面一杯に群れ咲く、真っ赤なれんげつつじのウェブ画像を見。


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。