2011年06月17日

舩後流短歌

人の命(うち)てんぱいぞうじ露のごとこれが憂世(うきよ)と頬(ほ)に垂(た)る目の湯
メモ:顛沛造次(てんぱいぞうじ)⇒つかの間。憂世⇒つらいことの多い世の中。
●宮城在住の友人の、震災で行方が判らなくなった同級生を思う胸の内を詠う。


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

舩後流「俳句」

俳句:空翔けるたいせんぼくの花天女
メモ:たいさん‐ぼく【大山木/泰山木】常緑高木。初夏、白色の大きな花をつける。花言葉⇒自然な愛情。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。