2011年06月10日

舩後流「俳句」

俳句:ユキノシタそよぐ振袖娘子(をとめ)かな
俳句:風が巻き小袖たなびくユキノシタ
俳句:夕焼けや人と涙すユキノシタ
メモ:ゆき‐の‐した【雪の下】:夏、白い花をつける。花びらは5枚あり、下の2枚が長い(⇒これが、小袖や涙に見えるのです。)。花言葉⇒切実な愛情。博愛。


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。