2011年04月03日

舩後流短歌

恋衣詠んで涙すオフェーリア鰓(あぎと)にかかり人知れず底
メモ:恋衣⇒歌人与謝野晶子らによる歌集。オフェーリア⇒シェイクスピアの戯曲「ハムレット」の登場人物で、川に身を任せ死す少女。水に死す象徴として詠う。鰓にかかり(る)⇒本来の意味は餌食になる。此処では津波に飲まれる。判り難い最低の短歌です!


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。