2011年03月04日

舩後流「俳句」

俳句:けんげかな世の肥(ひ)とあえぐ人のさま
メモ:けんげ⇒れんげそう、蓮華草は、緑肥にするため水田に栽培されるそうです。「人も社会という名の田の、肥料のようなもの」と考え、句にしてみました。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。