2011年03月31日

舩後流短歌

石垣の赤や白・黄ぞ春に萌ゆならぬ北にも青つづくのに
メモ:友人が旅した石垣島の写真からイメージして綴る。青⇒空
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月30日

舩後流短歌

ろくの緒に北のかばねら涙して思い遺さず黒潮に寝ん
メモ:ろくの緒⇒和琴(わごん)⇒弦が六本張られている琴
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月29日

舩後流「短詩」

短詩:忌む火焚きそなた照らさば陸奥(むつ)も泣き
メモ:忌む火⇒死者を清めた火。そなた(の岸)⇒死者が行く地。陸奥⇒陸奥国(むつのくに)の略=東北地方
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月28日

舩後流短歌

谷地(やと)に下(お)るドス黒雨粒おそろしや野兎(やと)の皮剥ぎ人の皮剥ぎ
メモ:下る⇒おりる
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月27日

舩後流「短詩」

短詩:うりずんのさざめく浜をきみぞおふ
メモ:うりずん⇒沖縄で、春分から梅雨入りまでの時季。沖縄は、私が是非!一度ゆきたいと考えている地です。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月26日

舩後流「短詩」

短詩:夢二泣く桜さく島悲しきや
メモ:竹久夢二作の、『桜さく島』という物悲しき詩と、大震災の悲愴を重ね詠む。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月25日

舩後流「俳句」

俳句:うららかに和琴(わごん)爪弾く夢一つ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月24日

舩後流「俳句」

俳句:補聴器を外せば耳も春日向(はるひなた)
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月23日

舩後流「川柳」

川柳:放射能酌めぬばテレビで花見せむ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月22日

舩後流「川柳」

川柳:舌鋒(ぜっぽう)で民を踊らす棺(かん)・枯枝(こえだ)
メモ:舌鋒⇒鋭い弁舌。棺(かん/※ひつぎ)⇒菅総理。枯枝(こえだ/※放射能で枯れてしまった枝)⇒枝野官房長官。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月21日

舩後流「短詩」

短詩:智解(ちげ)も無きものにぞ喰らわせ陸奥(むつ)の災
メモ:智解(ちげ)⇒智慧による理解力。陸奥(むつ)⇒陸奥国(むつのくに)
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月20日

舩後流「俳句」

俳句:寒もどり臥す場氷の公民館
メモ:臥す⇒寝る
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月19日

舩後流「川柳」

川柳:コマンダー口泡(くちあわ)見事炉に飛ばせ
メモ:コマンダー⇒指導者
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月18日

舩後流「俳句」

俳句:奥揺れて子らの名を呼ぶ涙春
メモ:奥⇒東北地方(福島・宮城・岩手・青森)。津波にさらわれたと思しき息子をさがす、その母の悲愴な声を(ラジオで)聞き思わず発句する。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月17日

舩後流「短詩」

短詩:春風よ核乗せ吹くな子の野地(やち)に
メモ:野(谷)地⇒「やち 津軽にて草ありて水ある処を、やちといふ〜」
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月16日

舩後流「短詩」

短詩:彼岸舟櫓の音(ね)淋しや尸(かばね)漕ぐ
メモ:尸⇒遺骸。ひがんぶねろのねさびしやかばねこぐ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月15日

舩後流「短詩」

短詩:厭戦(えんせん)も絵空事かな血の弥生
メモ:東北関東大震災の悲惨さを前にしては、反戦さえも無駄な事に思える(反戦も大切です!)。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月14日

舩後流「俳句」

俳句:いずる陽は春光まさに北照らす
メモ:震災犠牲者の方々に捧ぐ。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年03月13日

舩後流短歌

ひとり持つ瞋恚(しんい)の罰にいかづちか 奥の千人骸(むくろ)にしても

メモ:瞋恚⇒自分の心に逆らうものを怒り恨むこと。奥⇒福島・宮城・岩手・青森。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月12日

舩後流短歌

沈む陽よ何の試練か告げられよ 多くを連れて西にゆくをを

メモ:太陽の沈む真西にあるは、浄土(西方浄土)という彼岸のいわれと、此の度の震災犠牲者を重ね詠む。黙祷
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月11日

舩後流「俳句」

学び舎(や)に飾れぬ花(か)とし卒業す
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月10日

舩後流「俳句」

季語で行く寝たきり春の五街道


メモ:五街道⇒東海道・中山道(なかせんどう)・日光街道・奥州街道・甲州街道。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月09日

舩後流「俳句」

木の芽時木々も知らぬ間色まとう
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月08日

舩後流「俳句」

俳句:セーターを干して歯鳴らす衣更着

メモ:衣更着=きぬさらぎ(陰暦二月)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月07日

舩後流「俳句」

俳句:淡雪のかんざし一つ娘子(をとめ)かな
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月06日

舩後流「俳句」

俳句:梅の地や写真観望旅とせむ
メモ:友人の写真より。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月05日

舩後流「俳句」

俳句:啓蟄のざわめき遠く独り床(とこ)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月04日

舩後流「俳句」

俳句:けんげかな世の肥(ひ)とあえぐ人のさま
メモ:けんげ⇒れんげそう、蓮華草は、緑肥にするため水田に栽培されるそうです。「人も社会という名の田の、肥料のようなもの」と考え、句にしてみました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月03日

舩後流「俳句」

俳句:娘花咲くはこの日ぞ雛祭り
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月02日

舩後流短歌

己が道辿らぬ内に後向く 下司の輩の臥す場世に無し
メモ:おのがみちたどらぬうちにうしろむくげすのやからのがすばよになし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。