2010年08月31日

舩後流短歌

決め事は守りてそれを良しとする 破れば昼夜見まわせ辺り
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月30日

舩後流短歌

指さされ心壊れしギターマン きしむベッドでひと言「みてろ・・・」
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月29日

舩後流短歌

菅民主 党首選びの暇あれば 島を底から持ち上げてくれ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月28日

舩後流短歌

八月の末に燃え咲け恋の花 夏が去るまえ二人のために
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月27日

舩後流短歌

母作るゆうげホクホク焼き魚(うお)が 舌麻痺喰えずしずくいっ滴
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月26日

舩後流短歌

無理なれば他の道さがせ難病も なればなったで人生新た
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月25日

舩後流短歌

妻の肩うな垂れさせる苦労の日 はこびし俺は麻痺の身見つめ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月24日

舩後流短歌

雲ひとつ無き夜の月はきみのごと 神秘はなちてなおひきつかれ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2010年08月23日

舩後流短歌

甲子園声援去りて秋深し 球児いずとも涙こぼれむ

メモ:私が住まう施設ディアフレンズ美浜の居室の室温は、28度〜30度位あります。これは、筋萎縮性側索硬化症で痩せ過ぎてしまい、極端な寒がりになってしまったからです。ちなみに、現在の体重は42`しかありません。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2010年08月22日

舩後流短歌

民主なぜ強面いねばやれぬのか 見つめし民のため息ぞきけ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月21日

舩後流短歌

二人花その色ままに生きてゆく 恋の悲しみパステルに染め

メモ:“二人花=ふたりばな”は、勿論私が創りました造語です。
posted by YF at 00:00 | コメント(4) | 短歌

2010年08月20日

♪舩後ファミリー・ライブ及び舩後の講演のDVD販売のお知らせ!

いつも、大変お世話になります。舩後です。早速ですが、以下は毎回私どものライブや私の講演等を、撮影下さいます「マイケル・ブロードキャスト社」の下枝社長という方のコメントです。是非!お読み下さい。

舩後さん並びに湘南工科大学が8/7(土)に執り行いました、「全身麻痺でも弾けるギターの製作発表会」のライブDVDを今急ピッチで製造中です。近日中に、試作版が出来上がりますのでご期待下さい。
※完成版が私舩後の手元にまいりましたら、あらためてご連絡させて頂きます。

また、過去の舩後さんのライブや講演のDVDも、以下のアドレスの販売カートから購入可能です。ぜひ、お友達やお知り合いにもお勧め下さい。お願いします。

*販売カート
http://michael.cart.fc2.com/?ca=1
posted by YF at 20:30 | コメント(0) | 舩後から

舩後流短歌

蛍その眩(まぶ)しき光僕なのか 彼女おもいて心燃え立つ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月19日

舩後流短歌

球児らの心の歌が聞えくる “俺らの夏の輝きとわ”と
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月18日

舩後流短歌

夏の雲みおさめ悲し秋はそこ 「居ろ!」とほっすも風にながされ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月17日

舩後流短歌

マスコミは繁忙そっぽ暇手揉み ご都合主義に神も口開け
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月16日

舩後流短歌

プール入(い)り鳥肌たつはその昔 つかれど今世汗が津波に

メモ:これは、地球温暖化をテーマにした短歌です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

全身麻痺でも弾けるギター

湘南工科大学非常勤助手の舩後です。
いつも、大変お世話になります。実は、私と水谷研究室では、去る8/7(土)にマスコミの方と千葉市近くの福祉関係者様しかお招きせぬ形にて、『全身麻痺でも弾けるギター』の製作発表会を致しました。お越しになりたかった方、お許し下さい。
ところで以下は、その折の様子を取材頂き且つ放映・掲載が確認出来ましたマスコミ並びに記事のウェブアドレスです。是非!ご覧下さい。

『全身麻痺でも弾けるギター』の取材 放映・掲載済みリスト

*NHK千葉放送局 2010年8月9日 「もう一度ギターを」
http://www.nhk.or.jp/chiba/movie_radio/index.html

*レックス・フュチャーズ(英)の記事
http://www.rexfeatures.com/features/m132b6c742/facing_the_music?pl=16

*メトロ新聞(英:レックス・フュチャーズ配信)の記事
http://www.metro.co.uk/weird/837686-paralysed-man-learns-to-play-guitar-again-with-his-face

*毎日新聞 2010年8月8日 全国版朝刊
http://mainichi.jp/photo/news/20100808k0000m040086000c.html

*毎日新聞 2010年7月22日 東京夕刊(全国)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100722dde041040012000c.html
http://mainichi.jp/photo/news/20100808k0000m040086000c.html

*毎日新聞 2010年7月22日 東京夕刊(全国)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100722dde041040012000c.html
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 舩後から

2010年08月15日

舩後流短歌

夢もてる倭国にいつぞなれるのか 借金こじれ浜田ねじれて

メモ:この短歌は、“借金こじれ浜田ねじれて 夢もてる倭国にいつぞなれるのか”と、下の句を先に上の句を後に詠んでも意味が通じるかもしれませんね。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月14日

舩後流短歌

ヒマワリも燃えると感ずこの猛暑 水など無駄ぞ次季を指折り(数え)

メモ:次季は、私が創りました造語です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月13日

舩後流短歌

暑き世で涼しき風にあたるな 麻痺した身でも外へ外へと

メモ:世は、夜ではありません。この短歌は、“煮詰まった世(=政治)をなんとかしたいなら、己が動くしかない!”という意味です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月12日

舩後流短歌

来ぬメール待つは辛くもほほえんで 憂えた心隅へ隅へと
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月11日

舩後流短歌

昼夜二度 腸から漏れ出(い)でひと月に 泣きたきざまに笑うしかなく
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月10日

舩後流短歌

旅だてど彼かえりこむ形かえ 愛しむべし去ることぞなし

メモ:姉の義父の死を悼み。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月09日

舩後流短歌

呼吸器の排気も荒きいびきかな 眠れぬ日々も夏の風情(ふぜい)ぞ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月08日

舩後流短歌

菅(かん)の花 咲かず散るのが運命(さだめ)也 税花(ぜいか)とともに国史に眠れ

メモ:税花(ぜいか)とは、私がこの歌の為だけに創りました造語です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月07日

舩後流短歌

朝顔が朝焼け色に咲くように 知らぬところで君も花つけ(きっと)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月06日

舩後流短歌

ミゾハギの幾重も積み咲く花びらは 着飾る幼(おさな)しばし見つめむ

メモ:この短歌も、友人の写真からイメージして綴りました。幼(おさな)⇒幼い子供
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月05日

舩後流短歌

らせん咲きネジバナまるで夫婦かな 抱(いだ)き抱(いだ)かれ地に世に根づく

メモ:この短歌も、友人の写真からイメージして綴りました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年08月04日

舩後流短歌

合歓(ねむ)の花(か)の薄桃色は君の頬 やわらかなるはまるで花びら

メモ:先週と同じくこの短歌も、友人の写真からイメージして綴りました。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。