2010年03月24日

舩後流短歌

桜の花(か)散るはいつかと尋ねても 黙し黙して静かにゆらぐ

メモ:梅・桜シリーズです。ゆらぐ⇒動揺する。私は花にも木にも、心があると思いたいのです。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。