2010年02月16日

舩後流短歌

感動は開いたドアから消えゆくが 陽(ひ)はわすれず学生てらす

メモ:今日、学生四人が来てくれました。皆(みんな)が残してくれたものそれは、“感動の四重奏”でした。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。