2010年01月30日

舩後流短歌

泣き雲で外は土砂降り鳥もいず 涙出る日を濡れ誤魔化す

メモ:雲鳥(うんちょう)シリーズです。泣き雲⇒造語
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月29日

舩後流短歌

晴れた空見るも鳥なく雲もなく 目蓋おおうもこらえたもの出

メモ:雲鳥(うんちょう)シリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月28日

舩後流短歌

晴天に雲がポツンと浮いている オォ!鶴の群れそんな夢を見

メモ:雲鳥(うんちょう)シリーズです。これは、“ポツンと浮いていた雲は実は鶴の群れだった”という驚きを「オォ!」で表しました。でも、結局はしがない夢にすぎませんね・・・。と、まあこんな物語です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月27日

舩後流短歌

鷹の舞い見たくば高き雲にゆけ 見えたら涙心から出せ

メモ:雲鳥(うんちょう)シリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月26日

舩後流短歌

冬が鳥雲上ゆけば鳴きまねで 呼んでもむなし雲下に響き

メモ:雲鳥(うんちょう)シリーズです。「雲下(うんか)に響き」で、雲上で舞う鳥が見えない悲しみを表しました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月25日

舩後流短歌

渡り鳥飛び立つ羽根で雲破れ 我は叫ぼう「帰れそのさま!」

メモ:雲鳥(うんちょう)シリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

舩後流短歌

久方の街なれた道実は無知 知らぬ知らぬと叫べど知らぬ

メモ:一ヶ月振りに遠方にある国立病院の歯科にゆくため、街に出ました。その道すがら、驚きに感じた事を歌にしたものです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月24日

舩後流短歌

君はどこ左シートの君はどこ 知らぬまきえた夜露のように

メモ:ピンクシリーズです。「君はどこ」と、繰り返してつぶやく事により、人知れぬ悲しみを表しました。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌

2010年01月23日

舩後流短歌

柔肌のふくらみ指が思いだし 「なぜだ!」と叫ぶも部屋は答えず

メモ:ピンクシリーズです。「なぜだ!」の言下の意味は、君が去ったのはなぜ?です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月22日

舩後流短歌

法然の語りを読みて目をつむり 平安思い涙だしても
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月21日

舩後流短歌

髪とかし出てゆく姿みおくりて 互い愛すも「なぜだ!」とくずれ

メモ:ピンクシリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月20日

舩後流短歌

高熱で返事をくれし友がいた 彼をおもいて手を合わせむ日
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月19日

舩後流短歌

夢現君の唇そこにいた 触れたら消えて部屋に君の香

メモ:ピンクシリーズです。言下にあるものは、「君(恋人)が去ってはも、その思い出はいつまでも残る」という事です。夢現=ゆめうつつ。香=か
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月18日

舩後流短歌

伯母死にてこらえ切れずに曇る目で 青空見るもため息ばかり

メモ:曇る目でとは、“こらえ切れずに出した涙で曇る目で”と、ご解釈下さい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月17日

舩後流短歌

伊豆の花可愛く小首かたむけて 「散るねそろそろ」撫でても逝った

メモ:物悲しいメルヘンシリーズです。全ての生き物には、悲しいかな寿命がありますね。さて、私は「人間の悲しみを詠う」をモットーとしていますので、悲しみを呼ぶ短歌かもしれませんがそこはお許し下さい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月16日

舩後流短歌

富士のごとなにより高き大物に もがけどなれぬこの身みつめむ

メモ:人生シリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月15日

舩後流短歌

ストーンズ聴けば少年燃たぎて ギター弾け飛べ人眼下に見

メモ:メルヘンシリーズです。ストーンズ=世界を席捲したロックバンド
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月14日

舩後流短歌

夢が舞う僕ただそれを見てるだけ 話しても無視「夢とおい!?」と

メモ:メルヘンシリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月13日

舩後流短歌

外は闇宇宙さ迷う孤独人 星にあたるはいつかいつかい…

メモ:メルヘンシリーズです。人=びと
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月12日

舩後流短歌

午前二時赤いランプが白にみえ 「僕の星だ!」とベットで飛んだ

メモ:メルヘンシリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月11日

舩後流短歌

手毬つき君はトンボをおっかけた そんな姿も夕焼けに消え

メモ:メルヘンシリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月10日

舩後流短歌

和歌よめば伝統道にため息出 奈良にゆくかと夢描く夜

メモ:夜=よ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月09日

舩後流短歌

東北のオンドルなきは身が凍り 霜焼の指落ち冬にらまむ

メモ:オンドル【温突】《(朝鮮語)》朝鮮半島・中国東北地方などで用いられている暖房装置。床下に煉瓦(れんが)などで仕切った煙道を設け、焚(た)き口から煙を送り込んで部屋を暖める。⇒ウェブ辞書より。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月08日

舩後流短歌

秋薔薇の香り漂うあなたみた 昔のひとと見つめつづけも

メモ:この後の言葉を、思い描いて頂ければと思います。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月07日

舩後流短歌

白鳥の舞いする姿美しや 永久と踊れと空をみつめむ

メモ:友人が送信してくれました、新年のある湖の上空を飛ぶ白鳥の美しい姿の写真で作った歌です。永久=とわ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月06日

舩後流短歌

ライブやるいささか不安あるものの出たこと勝負と天あおぎ見む!

メモ:皆さん!3/27に、JR稲毛駅前のフルハウスで開場1時半・終演3時半にてミニライブを致します。是が非とも、お越し下さいますようお願い申し上げます。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月05日

舩後流短歌

日本海暴風巻いて人ころぶ そんな地にすむ人ら拝まむ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月04日

舩後流短歌

年明けの挨拶はぶく輩いた われ下に見よゴキのごと見よ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月03日

舩後流短歌

母が里 水のかおりで腹がすき 大気を喰らい滴こらえむ

メモ:新年初の人生シリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年01月02日

舩後流短歌

夢をみた明けた庭でて餅をつき あがった湯気が天つく雲に
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。