2009年11月30日

舩後流短歌

湘工に集いしわこうど弦のごと はじけば夢ぞ空へと響く

メモ:今日、私が非常勤助手をしている湘南工科大学より記録撮影にまいりました。その夜書いた、湘南工科大学へのメッセージとしての一首です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月29日

舩後流短歌

ジュージューと目玉を焼けば喰らう気に まぶたに映るあの頃の九時
posted by YF at 00:00 | コメント(7) | 短歌

2009年11月28日

舩後流短歌

砂糖まぜうかぶ氷で夏の涼 ふくらむ想い胸を裂くほど

メモ:想い=予想
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月27日

舩後流短歌

虚しさをとおりこしたら何あるぞ穴空く空にのぼる過去かな
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月26日

舩後流短歌

夕食(ゆうげ)ほど鼻歌誘うものはなし 湯気がうつすは秋刀魚か鯵か
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月25日

舩後流短歌

奈良の酒チビチビ呑めば臓腑しみドクドク呑ば雲をも掴め

メモ:姉が、奈良土産に酒を持ってまいりました。本当に美味かった!!私の御先祖は、奈良で作り酒屋を営んでおりました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月24日

舩後流短歌

痰我慢下痢腹耐えて陰口に寝ても褪めても闇をみつづけ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月23日

舩後流短歌

奈良の県万葉の里ありければ 先祖眠る地ただただいのらむ

メモ:土・日と姉夫婦が舩後家の御先祖が眠る、奈良は柳生の里へいってまいりました。同じ血、姉の感動が私にも伝わって来ました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月22日

舩後流短歌

秋桜見にはゆけぬと言われては あぁとため息雨降の夜(よる)

メモ:秋桜の正確な別名はコスモスと言いますが、この場合は十月桜とお思い下さい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月21日

舩後流短歌

器用かな痰にむせつつとめるとは 病院“いやいや”馬鹿者ゆえに

メモ:“いやいや”という言葉は、何でも“いやいや”と言ってジタバタ駄々をこねる幼児が主人公の、“いやいや園”という児童書から拝借しました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月20日

舩後流短歌

言うことを言うは刀傷切るのに似 心はいつも血塗られた雨
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月19日

舩後流短歌

施設部屋遭難みまわれダイハード 黄泉(よみ)には逝けぬと唇(くちびる)を噛む

メモ:ダイハードとは、世界一ついていない男の物語(※映画)です。黄泉とは、暗闇の死者の世界の事です。奈良期前から、あると言われている伝説のひとつです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月18日

舩後流短歌

としの波襲い来記憶流されむ(ん) 脳のうつつを消さむとうねり

メモ:うつつ=正気
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月17日

舩後流短歌

生き抜くは苦労山積み富士のごと 頂きまもなくもどらず登る
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月16日

舩後流短歌

風呂いればたつ湯気冬ぞけしさまし うせる我似と一輪ゆらぐ

メモ:うせるとは消える事で、この場合死ぬを表します。実に駄作で、本当に申し訳ありません。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月15日

舩後流短歌

燦燦とふる来光あびたいと もがけど麻痺がゆるさず震え

メモ:燦燦と=サンサンと光り輝くという意味
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌

2009年11月14日

舩後流短歌

昇る陽(ひ)のひかりつくらし影うつす 寝たきりあつき滴をみせむ(ん)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月13日

舩後流短歌

宴(うたげ)には二胡の音(ね)詩(うた)はかかさぬも 酒がたりねば月もかくれて

メモ:二胡とは、一(ひと)弦しかなくそれを弓で弾く中国の古楽器です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月12日

舩後流短歌

人良き街ウィーンいくと誓えしも やれぬことなり涙の沼へ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月11日

舩後流短歌

ジョブおわり深夜楽しめライブして あれは二十代夕陽で滴が…
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月10日

舩後流短歌

霧の中きみがポツンと立っている おえば霧の壁マイソールの夜(よ)

メモ:マイソールは、インド南部に位置する宮殿の街の事です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月09日

舩後流短歌

濃き色もぬれば二年で褪(さ)めはじめ 恋のようだと夕焼けかたる
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月08日

舩後流短歌

日曜は稲穂のようにかたむけよ! せめて一度はベッドの僕に

メモ:かたむけよ!は、古語ではありません。現代口語命令形で、解釈して頂けましたら有り難く思います。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月07日

舩後流短歌

寝れぬ夜はあの峰のぼり銀河みよ ただよう神が道をしめさむ(ん)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月06日

舩後流短歌

我がおもい君へとばさむ龍のごと 生きよう永久とコスモスのよう

メモ:“む”は“ん”、“龍”は“りゅう”、“永久”は“とわ”とお読み下さい。また、“コスモス”はこの場合“宇宙”の事です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月05日

舩後流短歌

日溜まりの中きみがいる絹まとい 手がとどかない涙一粒
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月04日

舩後流短歌

母くればすがりひきとめ甘えたい 日暮れ・日没・泊まれは言えぬも
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月03日

舩後流短歌

今朝ケアが枕を袋と言いたがえ 言い得て妙と心でクスリ

メモ:ケアとは介護士の事です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月02日

舩後流短歌

久方に会いし人らとかたらえば 夢か実(まこと)かわからなくなり

メモ:実=現実
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月01日

舩後流短歌

粉雪を酒にまぶして酌める日々 思いはせれば顔ぢゅうくずれ

メモ:今私は気管切開部分(※喉の孔)が腫れているので、禁酒している。もっとも私は、下戸の酒好きではあるのだが…。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。