2008年12月31日

舩後流短歌

どすこいと踏んばりきっても花咲かす根っ子すてるな五十路(いそじ)のつぼみ
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌

2008年12月30日

舩後流短歌

静寂の脳を切裂くこの音は子年沈めし鬼の呻きか
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2008年12月29日

舩後流短歌

吹く風にまかせゆこうと待つものの吹く風われがおこさねば無く
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2008年12月28日

舩後流短歌

賛美歌がひびく教会ひとりきり指輪と涙にぎりてにぎり
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2008年12月27日

舩後流短歌

四肢麻痺の“下戸の酔いどれ”雨見呑み頬にいってき枕にいってき
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2008年12月26日

舩後流短歌

酒あおり剣の舞い舞う親父の血たぎる我が明日“見よ今に見よ”
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2008年12月24日

舩後流短歌

2008年12月25日(木曜日)

刃にうつる君の涙にさとされて 明日見つめ立つそれまでを棄て

メモ:『今日よりも明日を見つめる』と言うわけで、明日の日付で詠ってみました。
posted by YF at 06:32 | コメント(1) | 短歌

舩後流短歌

個で歩め甘き心をもつものは 徒党にいれば蜜におぼれ“死”
posted by YF at 06:25 | コメント(1) | 短歌

ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ

2008年12月22日(月)

ALS患者が大学助手に
情報装置の開発研究も 千葉市美浜区の舩後さん


湘南工科大学の非常勤助手に採用された舩後さん、小館さんと、共同研究する同大4年の山田雅彦さん(左から)=美浜区の身体障害者療護施設

 有効な治療法のない難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と闘いながら、短歌や詩の創作、講演、同じ病に苦しむ人たちを励ます「ピアサポート」活動を続ける美浜区、舩後靖彦さん(51)が、湘南工科大学(神奈川県藤沢市)の非常勤助手に採用された。患者が使いやすい情報入出力装置の開発に向け、体験を通して助言、提案する。

 舩後さんは商社マンだった一九九九年、体中の筋肉が徐々に弱っていく病気、ALSを発病。〜中略(記事全文は、以下のアドレスでお読み頂けます)〜創作、講演を生業とした自立を目指す舩後さんは「夢の達成はまだまだだが、その一歩を踏み出せたことに大変な喜び感じる」と率直に心情を吐露。「空今や雲ひとつなく澄みあとは 夢への梯子昇りきるだけ」と詠んだ。

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1229913782
posted by YF at 06:20 | コメント(0) | 短歌

2008年12月23日

舩後流短歌

祭日に気づかぬままにメールまつ 隠者の内は暮またず闇
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月22日

舩後流短歌

親が子を思う高さは雲をつき澱みなきこと白き雲海
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月21日

舩後流短歌

朽ちる花まだ芽の花に水を分け 「きっと咲くよ」とつぶやき眠る
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月20日

舩後流短歌

会いたいなきみに会いたい会いたいとニキビの数は泣いた教室
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月19日

舩後流短歌

前あったキエチマッタ心の火 点け点け点けとバイクで風裂く
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月18日

舩後流短歌

前の前ガラスの世代はひかってた 琥珀がうつすシミ見ては呑む
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月17日

舩後流短歌

一発屋それが俺だと拍車かけ天に一発みてろ!と叫び
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月16日

舩後流短歌

我が盃に嫉妬をつげば溢れぬも涙溢れぬ器などなし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月15日

舩後流短歌

我が流儀つらぬきやれば渡れない 世の橋睨みこぶし震わす
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月14日

舩後流短歌

汲めど水 手ではつかめず去るように この手に君を留め置く術(すべ)なし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月13日

舩後流短歌

貧まみれ死にゆくときは踏まれても立つ雑草見うえむき「ヨッシャ!」
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月12日

舩後流短歌

永遠(とわ)きみと一二一二と生きること守れぬぼくに笑みくれるかい?

メモ:1984/12/12妻にプロポーズ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月11日

舩後流短歌

忽然と散ったおまえは鍋奉行 寒は囲むもつつくものなし
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌

2008年12月10日

舩後流短歌

母校の名評価ひくくもあえて言い りょうの手ひらき世の壁睨む

メモ:私の母校は、今は判らないが、私が入った当時は喧嘩で名を馳せていた。私は当時おとなしかったのだが先輩がたの様子生き様より、私なりに言うと、その「立ち向かい拓く」と言う精神を学んだ。そして、今私はALSと言う不治の病に、これからの、いや新たなる人生を拓かんと立ち向かっている。母校に感謝しながら。母校の名それは『拓殖大学』である。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月09日

舩後流短歌

嬉し酒癒し酒にし浴びし夜は割れし夢さえつなげる気がし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月08日

舩後流短歌

喜びが天から友へふりし日は嬉しの酒が盃で舞い
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月07日

舩後流短歌

ひきとめて早く帰れはないものの言わねばきみが血達磨火達磨
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月06日

舩後流短歌

あゆむみち薔薇色なれと拓きゆけ いばらで突いて血でみち染めても
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年12月05日

舩後流短歌

老いざくら天もおそるる無視地獄 水こえば「死ね!」春まてず枯れ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2008年12月04日

舩後流短歌

飲むのなら酒も涙も皆々が うかれるきみの良き日にひとり

メモ:世の中に、子供の幸せを望まない親なんてひとりもいない。と、言える時代を築くのが、その時に生きる親の役目也!なんて、偉そうに言うなよ俺。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2008年12月03日

舩後流短歌

もしも世に銀杏(ぎんなん)畑あったなら 向日葵(ひまわり)火噴き赤で連なる
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。