2008年07月31日

舩後流短歌

愛まけば幸の実つける木の苗を夢にうえたよ熟れた日おもい

メモ:夢遊びシリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月30日

舩後流短歌

孤な奴は幸えた人が舟乗れば 沈めと祈る学ぼうともせず
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月29日

舩後流短歌

身の一部こわしたならさ侘びとくれ っなんていえねぇ声凍ってよ

メモ:患者、哀歌を詠う/2002年
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月28日

舩後流短歌

“くだらないことでよぶな!と言う口で暇暇言うな”・・・は 酔うても言えぬ

メモ:患者、哀歌を詠う/2002年
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月27日

舩後でございます。/本のご案内

いつも、大変お世話になります。舩後でございます。この度、泉鏡花賞受賞作家の寮美千子先生や小学館様をはじめ、多数の皆様のご協力のもと、私の半生と短歌を記した本が出版の見込みとなりましたので、ここにご案内申し上げます。ご協力下さいました皆様には、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。【舩後】
※私ごときの半生ではございますが、もしご興味下さいます時には、お近くの本屋さんからご注文頂けましたなら幸いです。

happyking.gif
Amazonで注文
s-booksで注文

●ご案内

ALS はじめて耳にするその名 医師の宣告余命三年

不治の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されながらも、常に前向きに生きる男・舩後靖彦が、その生き様を短歌に謳う!


「治療法がない」「全身麻痺」「呼吸停止」「余命3年」過酷な宣告に絶望し、どん底に落ちた舩後は、同病の友を支える「ピアサポート」をきっかけに大きく立ち直る。
人を支えるとは、自分を勇気づけること!人生、どんな状況でも楽しめる!
全身麻痺の身で講演やコンサートをこなし、創作活動を続ける『しあわせの王様』舩後の軌跡。


本タイトル/『しあわせの王様』
※全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦

著者:舩後靖彦(ふなごやすひこ)・寮美千子

出版:小学館
価格:1500円+税(1575円)
発売:2008年7月31日

※ほぼチラシ文に同じ。
※本書は、舩後自身の手による短歌と、寮美千子が執筆した本文とのコラボレーション。本文は、舩後が講演用に書きためた原稿と、関係者への取材をもとにしている。


以上でございます【舩後】
posted by YF at 11:34 | コメント(2) | TrackBack(0) | 日記

舩後流短歌

まんぞくがいった日の晩月あれば 見惚れ口つく“今宵でゆくか”
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月26日

舩後流短歌

病など苦や欲まけぬ修行ぞと うそぶく今日も色を夢見む
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月25日

舩後流短歌

古都の家熱波浴びしも中涼し 都市の鉄筋 冬凍夏炎(とうとうかえん)

メモ:造語シリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月24日

舩後流短歌

ベルギーの洋服サイズでかすぎよ!土産のふりしチラリ子供着(こどもぎ)
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月23日

舩後流短歌

麻痺虫も光りのシャワー浴びたなら“きもちよかね”と巣の俺ポポイ

メモ:夢遊びシリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月22日

舩後流短歌

神に請うこの山削れふるえくる 脳にそびえし名“野望岳”を
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月21日

舩後流短歌

おのれには溺れぬなかれ 世は嵐 溺れていては海はわたれぬ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月20日

舩後流短歌

寝たきりは荒行なれば他にあらず 片目つむりゃせやわらか布団
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月19日

舩後流短歌

濡れ草寝(ね)雨粒食(は)みていきた日を惨めとみれば物乞いなにぞ!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月18日

舩後流短歌

銀のごとひかる水面(みなも)でツラ見れば しずくがみっつポツリとゆらす

メモ:筑波の蝦蟇也
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月17日

舩後流短歌

カツラなどつけずもてたや五十歳 妻に内緒で飲む薬(やく)なぁに?
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月16日

舩後流短歌

朝一歩昼二歩散歩夜道四歩(しほ)ゆきすぎたなら五歩戻り照れ

メモ:嗚呼!人生とは
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月15日

舩後流短歌

連なりの白髪と皺は歳の波 唖者で四肢麻痺突如の津波

メモ:嗚呼!人生とは
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月14日

舩後流短歌

若人に悩みなければ種のまま こぼすしずくはきみを花にす!!!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月13日

舩後流短歌

若き夢シャボンを吹いた泡のよう浮かんでは割れ手にとれば消え
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月12日

舩後流短歌

風合せおどる柳を見てみてぇ! ばちをかくごし風神吊るすか
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月11日

舩後流短歌

これほどに紺にそまりし天知らず いざみにゆかん雲へと天へと
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月10日

舩後流短歌

われごとき心を流転するだけぞ おそらくは藪さえあえもがき
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月09日

舩後流短歌

おひさやね笑みやんどこにいってたねん怒気泣き元気やもどってきいや!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月08日

舩後流短歌

母詠んだ茂吉の一首は酒のごと泣かせ眠らす今宵のララバイ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月07日

舩後流短歌

ひこぼしになれぬおりひめいぬわれの たんざくなぜかぬれてつづれず
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月06日

舩後流短歌

陽(ひ)もにげた闇くちあけるこの庭に何をまいたら光いるのか
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月05日

舩後流短歌

生きているまだ生きている鬼夜越え朝床にいた 嗚呼生きようか

メモ:造語シリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月04日

舩後流短歌

しあわせはこさじで入れたダシのごと ひそやかしみる日々がよい我
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月03日

舩後流短歌

雨粒を虹がてらせばこの山の真珠なる木の光る実もえる
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。