2008年06月21日

舩後流短歌

あたたかき家の灯毎夜夢のなか起きれば独り棺のごと此処

メモ:関西のある患者さんの思い出を、短歌に致しました。


posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。