2008年03月30日

028/『新舩後流短歌』

きがつけば頬に一滴生きざまをあざやかみせた桜死すを見


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。