2007年11月04日

日々の雑感シリーズ271

草きみとぼくのさだめはきりかもや名も無いふたり煙ときえる

雑感:てな事で逝っては憐れなので今を精一杯生きているつもりである。今月は講演を二つやり来月はライブを主催する。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月03日

無題

友くれた花壇のしゃしんきょねんより土色めだち嗚呼とつぶやく

身の機能全廃まえにまだうごく目玉まわして妻におどける

日々夢を心にえがきまたえがき麻痺でやせてもロマンふとらす
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

日々の雑感シリーズ270

秋にあうJAZZを聴くならあの店とジャズジャズ落ち葉踏み鳴らしゆく

雑感:解説は無用だが「これは駄洒落」などと言う方もあられるので記すと“身も心もジャズを求めている様”を詠った。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月02日

日々の雑感シリーズ269

壱時間勉強残しいねむって「おれらしいー!」と唖者さけぶ夜(よ)

雑感:今の趣味はハングルだ。とは言っても本当に身につかない。両親は出来が良いのだが…。まあしゃあない俺は俺だ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月01日

日々の雑感シリーズ268

地を伝いのしりのしりと冬きたら寒さたたえてこの星守る

雑感:この夏も暑かった。冬もおそらく暖かいであろう。薄着の私には有難いのだが、地球には迷惑な事であろう。憂う。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。