2007年09月30日

日々の雑感シリーズ236

ふいに来た娘(こ)の彼暫し睨んでも 冷静なれれば孫を期待す

雑感:娘の彼が妻らと来た。私が激し易い事を知っている彼の笑顔は歪んでいた。可愛い!妻が居れば私は大人しいのに。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月22日

日々の雑感シリーズ228

頂きは見えているのに永遠(とわ)着かず でもまだ行かんいつかいつかと

雑感:今月から新曲『怒らないで』の歌って頂ける方を探す活動を始めた。どうなるかは判らないがコツコツやって行く。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月21日

日々の雑感シリーズ227

汽車乗って野原ゆくとき表れし バッタ相手に旅語る秋

雑感:世界二十ヶ国をビジネスを含め旅した私の話を聞く暇なご人はいない。面白いのに。まぁ孫が出来たら話そう彼に。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月20日

日々の雑感シリーズ226

選ぶ道誤り叫び穴に落ち闇を彷徨う 罠とも知らず

雑感:私は情けない程のお人好しですぐ人の言うことを鵜呑みにしてしまう。いい歳なんだから悪意は見抜きたいものだ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月19日

日々の雑感シリーズ225

四・五人は嫌いな奴は居るものぞ もし居ないなら君は神なり

雑感:昔は気が荒くよく喧嘩をしたが、舌が麻痺し大人しくなった。でもそれでよかった。人を罵倒してもうる物は無い。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月18日

日々の雑感シリーズ224

一条の光りの中を飛ぶは何? 羽衣まとう命見た朝

雑感:埃や塵ではあまりにも風情が無い。故心の目で見たものを描写した。何!幻想と?そう見える私にとっては現実だ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月17日

日々の雑感シリーズ223

夢語る友は四肢麻痺耐えがたき なのに笑みする強さまぶしや

雑感:月曜折を見て来てくれる若き友は10年以上全身麻痺に耐えている。今彼は未来を見つめPC資格を取った。凄い!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月16日

日々の雑感シリーズ222

朝もやに秋色みれば肩おとし 夏を引き摺るアロハたたまん

雑感:夏に出来た歌が『夏祭り君と』だ。秋に完成するのが『夏娘帰る!』。冬は『夏っ娘(なつっこ)』。春は何作らむ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月15日

日々の雑感シリーズ221

馬鹿だった泣いて悔いても戻せない 高二の冬と君の微笑み

雑感:実は心より悔いている事がある。高二の時ある人の心を傷つけた。今その人が居た町を通る度眼を瞑り謝るのだが。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月14日

日々の雑感シリーズ220

病なり弱りし者に鞭を打つ ここは日本か夢ならさめよ

雑感:私は医師の保障つきで苦痛に耐えられるのだが、安倍総理が耐えてきた苦痛には耐えられない。凄い忍耐力である。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月13日

日々の雑感シリーズ219

我が思い込めて作りし歌ひとつ 愛でて守らん羽根生えるまで

雑感:歌詞の書き方が、ようやく掴めてきた気がする。馬鹿にされてきただけに嬉しい。書き続けてきて本当によかった。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月12日

日々の雑感シリーズ218

秋飛びて翌秋降りし不死鳥の また燃ゆ姿空に見た夜半

雑感:人とは本当に残酷である。病気でもあれやこれやいう。自分でもならない限りその辛さは判らない。悲しい動物だ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月11日

日々の雑感シリーズ217

いつの世もかたわを笑う奴はおる 上行け上へ聞こえぬほどの

雑感:笑われる=見下げられるである。笑われる事は全くないが見下されたり批判されたりする事はある。私は無視する。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月10日

日々の雑感シリーズ216

崖のぼる隙に餓鬼盗ったザイルを 神が変えたは蜘蛛の糸也

雑感:人のミスをあげつらっているといづれ墓穴を掘る。そんな人を見過ぎるほど見てきた。お蔭でこの人は危険と判る。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月09日

日々の雑感シリーズ215

藁葺きの屋根で涼しや夏の里 祖父母居ぬ今縁も涼しや

雑感:部屋のエアコンが昨日壊れた。今日は扇風機で涼を取っている。インドで泊まった安ホテルより暑くはなかろうて!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月08日

日々の雑感シリーズ214

煙吐きディーゼル一両駈ける野が 目蓋に残す我が郷あの夏

雑感:母の故郷は霞ヶ浦にある。子供の頃佐原駅まで一人汽車に揺られバス二台を乗り継ぎ行った。首の景色は行方郡だ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月07日

日々の雑感シリーズ213

夏去ったあとの海辺は寂しいと松が涙し木の葉ハラハラ

雑感:この近くに湾岸道路と言うまるでロサンゼルスを思わせる道がある。ちょっと違うのは沿道の木が椰子ではなく松!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月06日

日々の雑感シリーズ212

電線よ切れるな風で切れたなら機械が生かす俺もこと切れ

雑感:台風が来た。普段から人工呼吸器用のバッテリーは用意してあるのだが、接続が難しい。停電したら最終回は今日?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月05日

日々の雑感シリーズ211

麻痺進みパソコンさえも打てぬ日は 天を見つめん友ら捜して

雑感:最近2〜3行のメールにさえ1時間もかかることがある。1ミリ単位でセンサーを合せて貰っているのだが厳しい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月04日

日々の雑感シリーズ210

涼求め秋よ来いよと空見れば蜂ら蜂らで涼しくはなり

雑感:部屋の軒下に雀蜂が巣をかけた。施設が騒然!業者が退治に来て一件落着した。どうせなら試しに食べたかったな〜
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月03日

日々の雑感シリーズ209

うつむくは麻痺の辛さかはらからよ 明日をも見えぬ不安沁みてか

雑感:ALSになってまだ日が浅い方が来られた。本当に辛そうだった。未来の自分と言う管3本ぶら下げた私の姿を見。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月02日

日々の雑感シリーズ208

夏期課題無視でも涼し娘(こ)の武器の ママの悲鳴が二キロ轟き

雑感:夏休みの宿題は休みのラスト二日間で片付けた私だが、娘には勤勉さを求めてしまう。だがしょせん私の娘よね〜。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月01日

日々の雑感シリーズ207

人生報われなくても構わない ゆくひに雲に乗れさえすれば

雑感:現世で言いたい放題していると死んだら地獄に連れていかれやしないかと恐れていたら大人しくなったここ2分は。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。