2007年08月31日

日々の雑感シリーズ206

果てるまで運命(さだめ)貫く生き方を 亡骸遺した虫に学ぶ

雑感:風呂の時介護士諸氏に鈴虫の様子を訊いた。すると話が飛躍しゴキブリ憎しの話となった。お〜い鈴虫はどうした?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月30日

日々の雑感シリーズ205

夢土に注ぎて固め基礎とせん 命と夢が繁ゆく街の

雑感:特定の方におだしたものだ。出来を見るとどうやらまたスランプらしい。でもあがけばあがくほど泥沼に!あぁ〜!
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月29日

日々の雑感シリーズ204

妻くれたウォッチの針が刻む音 元気湧き出るチチチのマーチ

雑感:妻のハワイ土産は時計だ!嬉しくなってクサリのサイズ直しに出したのだがなかなか合わない。痩せ過ぎたようだ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月28日

日々の雑感シリーズ203

歳邪魔し 「かえらないでよかあさん」と言えず母の背見送る夕暮れ

雑感:英語ほど使わないと忘れるものはない。あの努力の日々は何だったのだろうと言う訳で母にテキストを持って貰い…
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月27日

日々の雑感シリーズ202

行く道を竹に見立ててしなやかに 曲げて弓にし己は矢とし

雑感:石は叩けば崩れる。竹は崩れない。私は強さを、攻撃されてもその意志を崩されない柔軟な頑固さを持つ人に見る!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月26日

日々の雑感シリーズ201

友ら来て騒ぎて去れば昼なのに 部屋は翳りて暗くて暗くて

雑感:イルカに乗っている娘の映像を見た。思い切り楽しんでいた。良かった!ただ、イルカとのキスシーンには…ウゥ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月25日

日々の雑感シリーズ200

とわの愛歌った曲がうまれたら 天住む友に捧げんトスし

雑感:亡くなった友を思いながら書いた歌詞に今、全盲の方に曲をつけて頂いている。新曲:『怒らないで』、近日完成!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月24日

日々の雑感シリーズ199

“秋来い”と歌う鈴虫友ら呼び 合唱すれば秋も駆け来る

雑感:外に出られない身なので季節の事は人の話から感じるしかない。秋に包まれたい。そして深呼吸!人工呼吸器でか?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月23日

日々の雑感シリーズ198

人生が宇宙(そら)へ真っすぐ伸びる時 心の隅の幸を見つめん

雑感:夢を持ちそれを叶えるべく突き進む人生には満足している。だがついついそればかりとなってしまう。反省しよう!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月22日

日々の雑感シリーズ197

我が酒を君があおってくれるの見 敵陣出向く矢の雨降れど

雑感:私は酒が飲めない。先祖は奈良で造り酒屋をしていたと言うのに…。情けない!死んだら先祖がいる奈良に侘びに。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月21日

日々の雑感シリーズ196

ALS苦悶幸(さち)にと空回り 笑顔の裏でそっと赤面

雑感:私は裸の王様だ。今日出た私の新聞記事を親しい人達にメールしようなどと思っている。やっぱり恥ずかしいかな…
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月18日

日々の雑感シリーズ193

地の揺れよ民の血吸えば満足か 吸われし民の怨みぞみえる

雑感:若者ほど地震を恐がる。それはそうだ。昨今頻発する地震。充分生きたと思えぬまま偶然遭遇し逝ったりしたら…。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月17日

日々の雑感シリーズ192

我が休暇風呂でまどろむ五秒間 患者のレジャー湯での舟漕ぎ

雑感:やることが沢山あると休む気などしない。妻子の帰国日も忘れていた。突然イルカに乗った娘の写真が来て今日!?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月16日

日々の雑感シリーズ191

僕マグロ釣られ競(せ)りを経(へ)ツナ缶に 母さん僕は海へ帰れるの

雑感:先の運命は誰にも判らない。だから今日を精一杯生きる!と言う主義の妻は今ハワイ。娘よとめとくれママの買物!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月15日

日々の雑感シリーズ190

朝焼けに恋し涙す我が心 取り出せるのなら空放つのに

雑感:最近の睡眠時間は3〜4時間だ。少々体がきつい。昔2時間睡眠で過ごしていたら入院をした。そろそろ危険域か?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月14日

日々の雑感シリーズ189

客迎え自慢の原稿読んだなら お褒め頂き読むは読むはで

雑感:筋ジストロフィー患者の療養研究をしている大学院生に、私の講演原稿を聴かせた。私のような小者でいいのかな?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月13日

日々の雑感シリーズ188

課題山 夜なべの日々の夏を娘(こ)よ 旅し忘れよ父も忘れて

雑感:昨日、妻子が待望のハワイへ行った。本当に娘の学校は厳しい。目的もなく入ったならば、かなりきつい!楽しめ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月12日

日々の雑感シリーズ187

国語力低下す子らを嘆く前 勉強せねば我が嘆かれ

雑感:確かに最近若者に字の意味を教える事があるのだが、それは私が年を取っただけであろう。俺よ、おごる事なかれ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月11日

日々の雑感シリーズ186

病押し白球握る球児みて 唖者を忘れて声張り上げる

雑感:色々なことをやりながらだが、甲子園を観た。本当に感動がある。涙が出る。自分の知らない青春がそこにはある。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月10日

日々の雑感シリーズ185

秋来いと歌う鈴虫無視をして夏よ去るなの祭りは続く

雑感:施設の祭りがあった。用に追われていた私は出なかったが、昨年より時間が短かったらしい。来年はやらないの…?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月09日

日々の雑感シリーズ184

家居る子外に出てきて空に星描いて祈れば願い叶うよ

雑感:画家になりたかった。無口だったので相応しいと絵の先生にも目指せと言われていたのになぜか営業になっていた。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月08日

日々の雑感シリーズ183

非難トコ トントコ トント受け今や きけばのるのるマーチの如く

雑感:これだけは解説させて頂く。読みのリズムは「トコ トントコ トント」だが意味は「トコトン トコトン ト」。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月07日

日々の雑感シリーズ182

遊びをも本気でやれぬ餓鬼らでは 何をやっても天は笑みせず

雑感:遊びって楽しい!本気でやれる。思い返すと仕事も楽しかった。今苦しかったことは笑い話だ。結局いつでも幸せ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月06日

日々の雑感シリーズ181

行く道を牙剥き塞ぐ獣らを 笑みして愛でて真(まこと)へ導く

雑感:勿論私を詠った首ではない。私なら行く手に虎でもいたら腰を抜かして命乞いをするのが関の山だ。私は兎ちゃん?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月05日

日々の雑感シリーズ180

苦の草が体(たい)に根づけば汗し抜き そこに幸植えコツコツ咲かせ

雑感:私は病人として果てるのが嫌で色々とやっているのかもしれない。患者として死すより○○として散りたいものだ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月04日

日々の雑感シリーズ179

友のよう天より高き徳得んと 所作を真似ても徳の芽もでず

雑感:前述した全盲の方を詠わせて頂いた。私は今モーレツに恥ずかしい。健常者の時己しか見つめていなかった自分が。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月03日

日々の雑感シリーズ178

遊びでもプロの技得て楽しめば 光る蔵建つ七福すまう

雑感:最近知り合いになった全盲の方から色々なことを学んでいる。その一つに「遊びを本気でする」がある。私もする!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月02日

日々の雑感シリーズ177

諦めん何があっても諦めん 我が夢萌ゆる花となるまで

雑感:責任とは?何かをやり遂げてこそ果たせると私は思う。何もしてないのに地位に胡坐をかいている輩は辞めるべき。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月01日

日々の雑感シリーズ176

夏燃ゆる恋の詩書くと決めし日に 恋を締切る鈴虫鳴きだし

雑感:私は好機だと感じたら猪突猛進をする。殆どの場合その勘ははずれるのだがはずれても次へと必ずつながっている!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。